年齢的な焦りを感じて結婚相談所へ

結婚相談所 東京

私は19歳から20歳になった時と29歳から30歳になった時では同じ東京で生活していたのに全く気持ちが異なりました。

20歳になった時はこの10年の間に結婚するのだろうという気持ちの高ぶりがあったものの、30歳を迎える時は予定と違ったというとてつもない焦りを感じたのです。

結婚願望があり、アルバイトなども人と沢山出会える環境ばかりを選んできましたが、結婚どころか恋愛を楽しめるほどの出会いはありませんでした。

同じような10年を過ごすとあっという間に40歳になるという事実は自分にとってあまりにも焦燥感を覚えるものであり、結婚相談所の情報を熱心に調べて利用を開始しました。

私は性格がはっきりとしていると言われることが多いので、結婚相談所の方はオブラートに包んだような伝え方をしてくるのではないかと少し心配していました。

早速相談したことが見つかり、結婚相談所のスタッフに対して近々行われるパーティーで素敵な相手と会えるのかを聞いてみました。

すると、スタッフの方ははっきりとパーティーだけで退会するほどの相手に会える確率はとても低いと教えてくれたのです。

無駄に期待させることなく、明瞭に難しいと言ってくれたことにより、すぐに他の手立てを考えて動き出すことができたため、時間を無駄にすることなく過ごせました。

そういった助言を尊重し、結婚相談所にあるコンピュータで登録者について調べて共通項がある方を中心にメッセージを送ってみました。

すると、とても自分に酷似している方を一人見つけることができ、是非会ってほしいと依頼しました。

自転車に乗ってサイクリングを楽しむことが好きだという点や、雨の日や身体を休めたい時には自室内でゲームをして過ごすのが好きだというのも共通していました。

そして、お見合いの時には食事を楽しみつつあらゆる会話をしていったのですが、美味しいという言葉を発するタイミングまで一緒で好物も同じでした。

今ではキッチンが大きな家で一緒に生活し、自転車に乗ったり美味しいものを食べつつゲームをしています。